パブと大学院の相性の良さ

3 11 2008

修士課程の佐伯です。

新校舎一階にHUBというパブスタイルのお店がオープンしました。

国立大学出身の私は校舎内にお店があることに違和感があり、あまり好意的な気持ちは持っていませんでした。

しかし、今日、誘われ帰りに気軽に合流したら、その認識が変わりました。

 

大学院とパブスタイルのお店の相性は抜群にいい!!

 

PUBの入りやすさ

スタンディングの移動のしやすさ

全面ガラス張りの上に、校舎の玄関にあるから、ついのぞいてしまう(この研究科の場合)

少し帰るには早くて、誰かみつけてしまったら、まずはいってしまう

最低、ドリンク代だけでいいし、お店に気を使う必要があまりない

そして、ちょっとまじめにディスカッションしてしまうこともある

 

居酒屋だとこうはいかないと思います。

 

日本のすべての大学院の一階玄関にパブを設置したら、

日本の研究レベルがもっとあがるんじゃないかと本気で思いました。

 

ちなみに「天国への階段」というカクテルはやばいです。。。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。