会社にはいってビックリしたこと

6 11 2008

修士課程の佐伯です。

私は、5年間IT系の会社のシミュレーションの部門で勤めていました。

会社に入ってまず驚いたことを思い出したので、書きます。

 

ビックリしたこととは、上司が私にパソコンを見せて、

私にこのテキストエディタがいい、でも、こっちもかっこいい

みたいな話をされたことです。

 

私はそれまでテキストエディタにいろんなものがあることも知りませんでした。

というよりも、NotePad以外は知らなかったし、テキストエディタという名前を知らなかったと思います。

 

私のいたセクションは、コンサルタントともいえるところで、

報告書を書いたり、シミュレーションをしたりするところでした。

いわゆる普通のITとは違いますが、コンピュータを使ったサービスが基本でした。

 

全員、プログラミングができました。

プログラマーというよりプログラミングができるという表現が正しいです。

自分だけのために、簡単なプログラムを作って、仕事を効率的に行うことが重要でした。

テキストエディタもマクロが組めるものがあり、そうやって効率的やるために、

新たなツールをみつけて、つかったりすることが、仕事を楽しくやる技術のひとつだと

いまは思っています。ちなみに、私はTeraPadを使っています。あまりこだわりがないですね。

 

最後に、このソフトを知っているのと知らないのとでは、仕事のスピードが間違いなく違うという

ツールを紹介します。IT系の社会人はご存じの方が多いと思います。

 

窓の杜 FireFile Copy

http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/file/syncbackup/firefilecopy.html

 

このソフトを使わないでフォルダ間でファイルをコピーした場合と使った場合とでは何倍も速度が違います。

こういうことの積み重ねを大事かなぁと。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。