最近読んだ本

23 11 2008

最近読んだ本でとても勉強になったのでご紹介します。

 日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社会心理学から見た現代日本の問題点

 

<目次>
第一章 「心がけ」では何も変わらない!
第二章 「日本人らしさ」という幻想
第三章 日本人の正体は「個人主義者」だった!?
第四章 日本人は正直者か?
第五章 なぜ、日本の企業は嘘をつくのか
第六章 信じる者はトクをする?
第七章 なぜ若者たちは空気を読むのか
第八章 「臨界質量」が、いじめを解決する
第九章 信頼社会の作り方
第十章 武士道精神が日本のモラルを破壊する 

現在の日本は安心社会から信頼社会への過渡期であると筆者は述べる。

 

安心社会とはメンバー同士の相互監視や制裁といった仕掛けを通じて人間同士の結びつきの不確実さを解消していこうとするもの。
信頼社会とは社会が提供する「安心」に頼るのではなく自らの責任でリスクを覚悟で他者と人間関係を積極的に結んでいこうという人々の集まりのこと。
日本の社会が何となく息苦しく感じるのも安心システムが過度に行き過ぎているのかもと思いました。
是非皆さんにも読んでみていただき、ディスカッションの機会を得られればと思ってます。

 

ちなみに本書(第二章)の中でおもしろい実験例がありました。
これと同じ実験を先日私たちはしています。ALPS懇親会での相互発表評価です。
自チームの自己評価と他チームからの評価の差が小さければ小さいほどよいというルールでしたが多くのチームが自己評価を高くしていたことが印象的でした。
おそらくこの先生は知っててそのような方法で評価したんでしょうね。^^
広告

操作

Information

One response

27 11 2008
sdmbysdm

「武士道精神が日本のモラルを破壊する」ってすごい過激ですね。
私は、日本人らしさって言葉には、かなり違和感を持っていました。
ちょっと読んでみたいかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。