チャルディーニ 影響力の武器

5 01 2009

新年あけましておめでとうございます。

 

いつも急に髪が切りたくなる。だから、よくいろんなところで髪を切ってもらうのだが、

先月行った渋谷の美容室はすごかった。

 

普通に髪を切るのだが、最後に次の予約を求められる。

歯医者とかと違って、美容室はそんなに次の予約を求めてこないもんだと思っていた。

でも、すごいのはこれじゃない。

 

予約を求めるのは、セットが完了した直後で、会計のときではないのだ。

そして、ここがすごいのだけど、その場で、携帯で予約を取らせるのだ。

客自身の手で!

めんどくさいなぁと思いつつ、しょうがないので携帯を操作することになる。これを断るのはなかなかむずかしい。

#その美容室のWEBの予約システムがある。

 

正月にチャルディーの「影響力の武器」を読んで、これがまさにコミットメントってやつなんだと思った。

そして、本にあるとおり、かなり強力な力がある。

 

ちなみに、その美容室からは予約の3日前に自動配信の予約確認メールがくる。

徹底している。

 

しかし、美容室のような技術、サービスを売りにする仕事でここまで徹底すると、

逆に、技術、サービスに自信がないんじゃないかと思ってしまうところが、むずかしいところだなぁと思った。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。