政策はむずかしい

25 02 2009

自民党とか民主党とか別として、
国は国民が喜ぶ政策をとってほしい。

定額給付金よりも高速料金無料化の方がうれしい。
一方は一過性であり、もう一方は永続的だ。

とはいえ、車をもっていない人は高速が無料になってもうれしくないだろう。
政策はむずかしい。

SDMにも政策デザイン論といういい授業があります。
国の政策について、評価や改善点を考えるグループワーク型の授業です。

政策について興味のある方はぜひ。

広告

操作

Information

One response

14 03 2009
匿名

定額給付金は、年一回でもいいから継続性がないと、景気回復の要因にはなりえません。
それよりも、高速道路の低額化は大きな進歩と思います。元々、道路公団は建設10年目で無料化を公約していましたから。
ヨーロッパのアウトバーンを走ると如何に、この公共性に対する有料化が理不尽か考えさせられます。
が、高速道路の低額化は、もし通年化すると、既存の幹線道路のマーケット状態を根底から覆してしまい、郊外型大型店への過度集中、路線店舗の廃業がかなり深刻化するでしょう。
当面は、祝祭日の低額化、または無料化でいいかもしれません

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。