EduTube Educational Videos

5 03 2009

Academic Earthと同様のサービスを行っているサイトを見つけました。

こっちの方が有名教授がいます。

EduTube Educational Videos

広告




Academic Earth

27 02 2009

世界中の大学の講義が動画でみられるサービスが始まりました。
世界中といっても、まだ少ししかありませんが。。。
MITやスタンフォードの講義もあります。
留学した気分になります。
Academic Earth

Academic Earth

英語の勉強によさそうです。

Yale 大学の心理学 Bloom先生のlecture20は前野先生必見です。

Professor Bloom ends with a review of one of the most interesting research topics in “positive psychology,” happiness. What makes us happy? How does happiness vary across person and culture? What is happiness for? Students will hear how the most recent research in psychology attempts to answer these questions and learn how people are surprisingly bad at predicting what will make them happiest.





政策はむずかしい

25 02 2009

自民党とか民主党とか別として、
国は国民が喜ぶ政策をとってほしい。

定額給付金よりも高速料金無料化の方がうれしい。
一方は一過性であり、もう一方は永続的だ。

とはいえ、車をもっていない人は高速が無料になってもうれしくないだろう。
政策はむずかしい。

SDMにも政策デザイン論といういい授業があります。
国の政策について、評価や改善点を考えるグループワーク型の授業です。

政策について興味のある方はぜひ。





今年はウーパールーパーがくる!

25 02 2009

ファッションブームはサイクルがあると思っている。

私が高校3年のころは、ジーンズの腰履きがはやった。
このころのジーンズは色落ち重視だった。人工的に色落ちをさせるといった
技術?はなかった。シルエットは、太かった。

しばらく、太めのシルエットがはやって、
そのあと、ワンウォッシュのジーンズがはやったと思う。
これはストレートだったと思う。

そして、リペアジーンズや人工的に自然な色落ちをする技術?ができて、
はやった。

2年前くらいはスキニージーンズだった。
いま、スキニージーンズにブーツインしているとオカマだと思われる。

去年は、色落ちのすこし太めがはやってたと思う。

たまに、思うことがあった。もしかしたら、ヤツがかえってくるかもしれないと。

今日のYahoo!ニュースにやつがとうとうあらわれた。

ケミカルウォッシュ。。
私が小学校のとき、2タックでボトムが細い
かなりケミカルな感じのジーンズをはいていた気がする。

SDMと全く関係ない話。

学校は授業はないのでいまはあまり人がいないですね。





3つの課題、どれがいい?

20 02 2009
課題1
あなたは、日本のNPOのメンバーである。日本政府関係機関から、「日本の優れた省エネ省資源技術をアジア諸国にいかに移転するか」に関する優秀な提案に対して、年間1億円の補助金(パイロットプロジェクト用)が向こう3年間出ることになった。そこで、提案書をまとめることになった。どの国を対象として、どのようなこの課題に取り組むべきだろうか。これまた競争は激烈である。
決めること:対象国、事業内容。
課題2
あなたは、ある業種の企業の社員である。社長が、「今後10年を目処として、低炭素社会実現を重視した企業としての活動を強化したい。そのために、環境対応型新商品の開発など、具体的提案を募集する。グループに対して、1億円×3年の特別活動予算を措置する」、と発表した。これに向けての提案書を書け。
決めること:業種、具体的提案
課題3
あなたは、秋田県の役人である。県知事から、「今回、県として福田総理に政策を具申することになった。2050年、秋田県をどのような国にしたいか、について、県民のためを最大限考えた政策とは何か、至急アイディアをまとめてくれ」、と言われた
この要請に答えよ。
上記3つの課題は、昨年8月に行われた国連大学鳥瞰型環境学エキスパート養成サマースクール2008のグループワークの課題です。参加学生が3チームに分かれて、各チームに課題が振り分けられました。
ちなみに私の所属したグループは課題3の担当でした。
プレゼン資料はスライドをSlideshareで公開しました。
このプレゼンの私たちのチームは、一等賞をもらっちゃいました。
景品はこちらの安井先生の直筆サイン本でした。安井先生は刺激的でした。
図解 環境問題
来年度のALPSのテーマは、課題3に近いなと感じました。おもしろいテーマだと思います。
ところで、国連大学のサマースクールは毎年やっていて、去年が5年目だったのですが、家電リサイクル法の策定にも携わった国連大学の上野潔先生の退官に伴い、今年は行われないこととなっています。
これほど環境問題について深く広く学べる機会はそうはないと言えるすぐれたカリキュラムであるため、非常に残念に思います。




ALPS お疲れ様です

20 02 2009

ALPSが終わった。。。

大変だったけど、勉強になった。

SDMのコアはALPSだろう。

それはシステムエンジニアリングの手法を学ぶことができるというのはもちろんだが、それ以上にグループワークについて学ぶことがポイントだと思う。

 

ひとつのプロジェクトを仕事とは関係なく、チームで、かつ1年近く行う機会はそうないだろう。ALPSの肝はALPSをやったことがある人にしかわからないかもしれない。。。

 

何はともあれ面白かったです

お疲れ様でした。





楽し~く勉強&研究&SDM時代を~

17 02 2009

みなさま こんにちは~。

SDMのペガで~っす。
これから少しずつこのブログに書きたいと思います。

「来年はいよいよ研究とALPSね! 楽しみね! 是非研究を楽しむように!!」
この前狼先生にそう言われました!!

実は私にとっていつでも一番大切な事は:
「今の時間を大事にして、後で振り返った時に沢山身に付いている思い出を作ること」 です。
だから、是非私はSDMでも目指とするのは 「楽しく素晴らしく勉強&研究&SDM時代を~」 です!!

SDMでもいろいろ人生で実際に役立つことを経験しながら身につけたいと思っています。

どうぞ宜しくお願いします。SDMオレンジろうか

カッコイイですよね~
オレンジはcontinuance を意味する元気の出る色なんですよね~image3112

小部屋の黒イスちゃんたちも寂しくしていましたよ~